黒糖焼酎について

黒糖焼酎とは

黒糖焼酎とは、サトウキビから作られる黒糖が原料の、奄美諸島だけで造られる島酒のことで、南米や西インド諸島で作られているラム酒に似た甘い香りで、ドライな飲み口が特徴の焼酎だ。

黒糖はそれ自体が糖分なので、そのままアルコール発酵する。黒糖を原料とした蒸留酒といえばラム酒が挙げられるが、昔の黒糖焼酎の製法はラム酒と一緒であったが、戦後、奄美諸島が日本に返還される際に、税率が高くなってしまうことを回避するために、米麹を使用し、「焼酎」として認められるようになった。

税率対策として米麹を加えたのだが、結果旨みとコクが豊かに、ほどよくドライに仕上がって、黒糖焼酎独特の上質な甘さが加わることとなった。米麹が生成するクエン酸によって、雑菌の繁殖を抑え、アルコール発酵によって生じる雑味の原因となる不要な部分を最小限に抑えることが出来る。

現在、黒糖焼酎の製造は、奄美諸島5島(奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島)のみ許可され、27蔵で製造されている。島ごとに水や味の傾向が違うので飲み比べたり、熟成を経た長期貯蔵酒の旨さも味わうことができる。

黒糖焼酎は、使う水や原料の配合の割合、仕込みが各島によって異なるため、飲み口が微妙に違うので、それぞれ飲み比べてみるのもおもしろいだろう。

最強の組み合わせで二日酔いはもう怖くない!>>国産「しじみ×牡蠣×スクワレン」レバリズム-L