米焼酎の歴史

米焼酎の歴史

日本に伝来した焼酎の技術は、九州では例外的に肥沃な土地を持つ球磨盆地の豊かな米と、美しい水を使った球磨焼酎(米焼酎)を誕生させた。

球磨焼酎は、壱岐の麦焼酎と同様に産地指定を受け、「米100%を原料とし、球磨郡か人吉市の地下水で仕込み、地元で蒸留、瓶詰めしたもの」と定義づけされおり、その条件を満たしたもののみ「球磨焼酎」を名乗ることができる。

その他、最近の米焼酎は有機米を使うなど原材料にこだわったものや、また、日本各地の日本酒造が日本酒造りのノウハウを活かしながら新たな米焼酎を作り始めているところが増えてきている。

最強の組み合わせで二日酔いはもう怖くない!>>国産「しじみ×牡蠣×スクワレン」レバリズム-L