芋焼酎の違い

芋焼酎の違い

芋焼酎では、原料となる芋の種類と鮮度、品質、及び仕込みや割り水に使われる水、使われる麹によって味が大きく異なってくる。特に、原料となる芋は収穫から3日以内に仕込まなければ、水分や旨みが失われてしまうこともあるくらいだ。

それ故に、同じ鹿児島産の芋焼酎であっても、水や風土が異なる土地柄によって特徴も異なってくる。例えば、西の薩摩半島では濃厚な力強いタイプ、東部の大隈半島は比較的さわやか、中央部の国分地方ではキレのよいタイプといったように、産地ごとそれぞれ特徴の異なった芋焼酎が生産されている。

最強の組み合わせで二日酔いはもう怖くない!>>国産「しじみ×牡蠣×スクワレン」レバリズム-L