酵母菌の働き

焼酎造りでは仕込みの際に、麹菌と水に酵母菌を加えてアルコール発酵を促す。麹菌は原料のでんぷんを糖質に分解するが、発酵作用には酵母菌が不可欠となる。しかし、酵母菌単独では有効に働くことができないため、麹菌とともにその働きを行うこととなる。

酵母菌は原料の糖質をアルコール分解するのだが、もともと体が大きいままのでんぷんは食べられない。そこで、麹菌の持つ酵素がでんぷんを細かく砕いてブドウ糖の状態にし、それを酵母菌が食べていくという仕組みだ。その結果、アルコールの生成量を増やし、おいしい焼酎の下地を作ることができる。

つまり、麹菌と酵母菌のペアが効果的に働いて、焼酎造りの要の部分を担っているというわけだ。

最強の組み合わせで二日酔いはもう怖くない!>>国産「しじみ×牡蠣×スクワレン」レバリズム-L