本格焼酎の薬事効果

●現在確認されている本格焼酎の薬事効果には以下のようなものがあります。

  • 善玉コレステロールを増やす作用
  • 血栓を溶かす作用
  • ストレスを軽減させる作用
  • 痴呆の予防
  • 免疫機能
  • 肌荒れや消毒薬代わりの殺菌作用
  • 関節痛を抑える作用

カロリーが低いので女性にもオススメ

●他の酒と比べてカロリーは低いが、飲む時には注意が必要。


本格焼酎や泡盛は蒸留酒であるため、糖分などは含まれず、ほとんどのエネルギーはアルコール由来です。純粋なアルコールのカロリーは、1g当たり7kcal程度ありますが、およそ3kcalは体温上昇などで消費されてしまうために、実際残るのは1gあたり5kcal程度くらいです。


実際に飲む程度の量でカロリーを計算してみると、25度の本格焼酎のお湯割り(5:5)の1合で、180ml×0.125×0.789×5=88kcalとなり、ご飯茶碗に半分くらいのご飯の量に相当します。


ただ、カロリーの高いもので割ったり、酒の肴が高カロリーであるということが多いので注意が必要です。

本格焼酎で健康になる3つの方法

●方法は「飲む」「嗅ぐ」「つける」



「飲む」
血栓を溶かす作用を充分に生かす適量は、25度の本格焼酎で120ml、35度以上の本格焼酎で85ml以下くらいが目安となります。


「嗅ぐ」
最近の研究で、本格焼酎の香りを5分嗅ぐだけで血栓を溶かす効果があることが発見されました。しかし、ただビンやグラスの本格焼酎の匂いを嗅ぎ続けるのは大変なので、超弱火で5分以上、燗をしてその場でアロマセラピーのように匂いを楽しむ方法をオススメします。しかし、本格焼酎を熱くし過ぎると香りや旨みが飛んでしまうので注意が必要です。


「塗る」
本格焼酎は、化粧水や乳液の代用品として使用することもできますし、頭皮につけることによって発毛促進の効果が期待できるという研究結果も報告されています。

最強の組み合わせで二日酔いはもう怖くない!>>国産「しじみ×牡蠣×スクワレン」レバリズム-L