本格焼酎はカロリーが低い

本格焼酎はカロリーが低いということが、昨今の焼酎ブームの一翼を担っている。日本酒やビールに比べて糖質をまったく含まないため、焼酎は他のアルコールと比べてカロリーが低くなっている。

5訂食品成分表(女子栄養大出版)によると、甲類焼酎(アルコール度数35度)のカロリーは100mℓあたり46kcalある。甲類焼酎の飲み方は、ジュースなどで割って飲むのが主流なので、そうなると摂取カロリーはもっと高くなる。
本格焼酎は、お湯割り、水割りにして飲むことが多いので、焼酎の中でも本格焼酎はカロリーが低く、健康を気にする人々の中でも焼酎愛好家が増えてきているというわけだ。

最強の組み合わせで二日酔いはもう怖くない!>>国産「しじみ×牡蠣×スクワレン」レバリズム-L