本格焼酎と心筋梗塞、脳梗塞の関係

本格焼酎は血栓を溶かし、心筋梗塞、脳梗塞の予防が期待できる

心筋梗塞や脳梗塞は、心臓や脳の血管に血栓がつまることによって引き起こされる。健康な人であれば、余分な血栓を溶かし血液をさらさらにする酵素を持っているが、老化や、偏った食生活やストレスなどによって、その酵素の働きが弱ってくる。

ほとんどの酒類には、その血栓溶解酵素の一つであるウロキナーゼを増やす効果があるが、なかでも乙種焼酎(本格焼酎)はその効果が抜群に高い。その中でも、麦焼酎、そば焼酎が特に優れている。

「体に良い」酒として認知度が高いものとして、ワインが挙げられます。ワインに含まれるポリフェノールは血栓ができるのを防ぐと言われている。しかし、実は本格焼酎にはそのポリフェノールを上回る効果が期待できることが明らかになっている。

既に述べた血栓を溶かす焼酎の働きを、ワインのポリフェノールは持っていない。ポリフェノールは、血栓を予防するのには有効ではあるが、出来てしまった血栓を溶かす働きはできない。

最強の組み合わせで二日酔いはもう怖くない!>>国産「しじみ×牡蠣×スクワレン」レバリズム-L