本格焼酎のおいしい飲み方

【本格焼酎のおいしい飲み方】

一般的には、お湯割り、水割り、ロックが基本だが、それぞれの飲み方にそれぞれの
個性とおいしさがある。お湯割りにするとふんわりと香りが立ってやわらかな旨みが感じられ、味の厚み、コクが大きくなるし、水割りにすると味が閉まり、キレが増し、刺激や雑味が押さえられ、味をじっくり楽しむことができる。
ロックにすれば、深い味わいをしみじみと堪能できる。

本格焼酎がこれほどまでに人気があるのも、飲み方によっても楽しみ方がそれぞれ異なるからというのも一つの理由ではないだろうか?焼酎のタイプによって、肴によって、それぞれ異なったあなたのスタイルを探して楽しんでみるのもよいでしょう。

一般的に食中酒に向くアルコール度数は14〜15度と言われ、一般的な焼酎の度数25度をロクヨン(焼酎6:湯や水4)で割るとちょうどそれくらいの度数になる。食中酒にする際にはお湯割りか水割りにし、食後酒としてじっくり飲みたい時には、度数の高い原酒をロックやストレートで飲むという飲み分けをするのも楽しみ方のコツだ。

最強の組み合わせで二日酔いはもう怖くない!>>国産「しじみ×牡蠣×スクワレン」レバリズム-L