ロックで本格焼酎を飲もう

【本格焼酎をロックで楽しむ】

焼酎の魅力の一つは、原料に由来する独特の香りや風味だが、焼酎入門者にとってはそれが強過ぎると抵抗感があるかもしれない。そんな時は、お湯などで割ることなく、ロックで飲むのがオススメだ。

大粒の氷をグラスに入れ、ぶつけるようにして焼酎を注ぐ。ロックにしてキリッと冷やされることによって焼酎は味が閉まり、甘みも抑えられ、スッキリと飲みやすくなるからだ。また、味に深みがあり、骨格がしっかりしたものは、すっきり冷やしても個性が立ち、しみじみと味わうことが出来る。

繊細でフルーティーな味わいのあるタイプの焼酎は特にロックで楽しむと良さを引き立たせることが
できるだろう。

●焼酎をロックで楽しむポイント

美味しい水から作られた氷で、大粒のものを用意したい。大きな氷にぶつけるようにして注ぎ、最初に焼酎と氷をなじませるようにする。

ロックによって良さが引き立つのは、骨格がしっかりとして、味や香味に深みがあるものや、繊細でフルーティーな香りや吟醸香がある焼酎。例えば、佐藤・黒麹仕込、鳥飼、歌垣、富之宝山などが代表的な焼酎として挙げられる。

最強の組み合わせで二日酔いはもう怖くない!>>国産「しじみ×牡蠣×スクワレン」レバリズム-L