燗をつけて本格焼酎を飲もう

本格焼酎のおいしい飲み方【燗をつける】

昔から地元・九州で、もっとも旨い至福の飲み方とされているのが、燗をつけてゆるゆると飲むことだと言われている。焼酎の場合、燗をつけるには、焼酎そのものを直接温めるのではなく、割り水をしたものを温める。焼酎を水で割って1〜2日置いたものをゆっくりと人肌程度に温めるのだ。

燗に掛ける場合、本場鹿児島では黒ぢょかという酒器を使用する。黒ぢょかを炭の上に掛けたり、家庭ならコンロに網をのせ、遠火でゆっくり温める。ゆっくり温めることによって、焼酎の雑味が飛び、酒器の中でさらに焼酎と水がよくなじむ。

人肌より少し熱めくらいまで温める。温めすぎると台無しになってしまうので注意しよう。焼酎が人肌くらいに温まってくるとふわりと香りが立ち、どこまでもまろやかな味わいになる。どの焼酎でも合う飲み方だが、特に芋焼酎が合う飲み方だ。

最強の組み合わせで二日酔いはもう怖くない!>>国産「しじみ×牡蠣×スクワレン」レバリズム-L