酒の分類から見る本格焼酎

酒の分類から見る本格焼酎

一概に酒と言っても様々な種類がある。ビール、日本酒、ワイン、ウオッカ、ウィスキー、焼酎などが代表的だが、それぞれの製造方法の違いから大きく3つに分けることができる。

@醸造酒:
ビール、ワイン、日本酒はこれに分類される。原料となる果実や毅類などをアルコール発酵させ、ろ過などを経て、そのまま飲まれる酒のこと。アルコール度数は低め。

A蒸留酒:
ウィスキーやブランデー、ジン、ウォッカ、ラムなどがこれに分類される。発酵させて造った酒をさらに蒸留してできることで、アルコール度数の高い酒になる。透明なホワイト・スピリッツと長期熟成したブラウン・スピリッツに分けられる。
焼酎は蒸留酒に属する。本格焼酎は、日本が世界に誇れる蒸留酒である。

B混成酒:
@Aの醸造酒や蒸留酒に香料や果実エキスを加えたものが混成酒だ。酌ハイは、焼酎に果汁などが加えられているので、これに属することになる。

最強の組み合わせで二日酔いはもう怖くない!>>国産「しじみ×牡蠣×スクワレン」レバリズム-L