本格焼酎ラベルの見方

【本格焼酎ラベルの見方】

本格焼酎のボトルには必ずラベルが貼られており、表示義務内容を満たした情報が記載されている。
ラベルには、ボトルの上に貼ってある肩ラベル、下の中央に貼ってある胴ラベルがあり、最近ではその他に裏ラベルが貼ってある
焼酎もある。ラベルの大きさやデザインは自由だが、表示する文字の大きさは容器の容量によって決めれられている。
焼酎ラベルには、以下の情報が記載されている。

@「本格焼酎」の表示
A蔵元名・所在地(産地)
B原材料:原料の使用量の多いものから順に記載されている。
Cアルコール度数:焼酎のアルコール度数は45度以下と定められている。ほとんどが25度くらいとなっている。
D容量
E熟成貯蔵:例えば「かめ壷仕込み」「木桶蒸留」「無ろ過」などがある。

最強の組み合わせで二日酔いはもう怖くない!>>国産「しじみ×牡蠣×スクワレン」レバリズム-L