本格焼酎と健康の関係性

本格焼酎がブームで、様々なプレミア焼酎が生まれるまでになっています。当サイトは、焼酎の魅力、そしてプレミア焼酎について、焼酎の健康作用について考察し、昨今の焼酎ブームを考えるサイトです。

焼酎と一口に言っても、様々なものがあります。その中でも、本格焼酎に絞って、芋焼酎、米焼酎、麦焼酎、泡盛などのおいしい飲み方、焼酎の効能などを紹介します。おいしい本格焼酎を、おいしい飲み方でぜひ楽しんでください。

また、本格焼酎にはさまざまな健康作用が確認されています。おいしく飲んで、そして健康も手に入れられるような情報をお伝えします。

本格焼酎によって期待できる薬事効果

●現在確認されている本格焼酎の薬事効果には以下のようなものがあります。

  • 善玉コレステロールを増やす作用
  • 血栓を溶かす作用
  • ストレスを軽減させる作用
  • 痴呆の予防
  • 免疫機能
  • 肌荒れや消毒薬代わりの殺菌作用
  • 関節痛を抑える作用
カロリーが低いので女性にもオススメ

●他の酒と比べてカロリーは低いが、飲む時には注意が必要。

本格焼酎や泡盛は蒸留酒であるため、糖分などは含まれず、ほとんどのエネルギーはアルコール由来です。純粋なアルコールのカロリーは、1g当たり7kcal程度ありますが、およそ3kcalは体温上昇などで消費されてしまうために、実際残るのは1gあたり5kcal程度くらいです。

実際に飲む程度の量でカロリーを計算してみると、25度の本格焼酎のお湯割り(5:5)の1合で、180ml×0.125×0.789×5=88kcalとなり、ご飯茶碗に半分くらいのご飯の量に相当します。

ただ、カロリーの高いもので割ったり、酒の肴が高カロリーであるということが多いので注意が必要です。

本格焼酎で健康になる3つの方法

●方法は「飲む」「嗅ぐ」「つける」

「飲む」
血栓を溶かす作用を充分に生かす適量は、25度の本格焼酎で120ml、35度以上の本格焼酎で85ml以下くらいが目安となります。

「嗅ぐ」
最近の研究で、本格焼酎の香りを5分嗅ぐだけで血栓を溶かす効果があることが発見されました。しかし、ただビンやグラスの本格焼酎の匂いを嗅ぎ続けるのは大変なので、超弱火で5分以上、燗をしてその場でアロマセラピーのように匂いを楽しむ方法をオススメします。しかし、本格焼酎を熱くし過ぎると香りや旨みが飛んでしまうので注意が必要です。

「塗る」
本格焼酎は、化粧水や乳液の代用品として使用することもできますし、頭皮につけることによって発毛促進の効果が期待できるという研究結果も報告されています。

【情報サイト】

本格焼酎と健康の関係性項目一覧

本格焼酎の基礎知識
焼酎の歴史 甲類焼酎・乙種焼酎の違い 酒の分類から見る本格焼酎 本格焼酎ラベルの見方 本格焼酎の様々な原料   ....More
本格焼酎の種類
ブレンドによる本格焼酎の種類 蒸留方法による本格焼酎の分類 麹による本格焼酎の違い 貯蔵方法による本格焼酎の違い   ....More
本格焼酎の楽しみ方・味わい方
本格焼酎のおいしい飲み方 ロックで本格焼酎を飲もう ストレートで本格焼酎を飲もう お湯割りで本格焼酎を飲もう 燗をつけて本格焼酎を飲もう   ....More
本格焼酎と健康
本格焼酎の薬事効果 本格焼酎はカロリーが低い 本格焼酎と心筋梗塞、脳梗塞の関係 焼酎を飲んでストレス解消 本格焼酎と漢方は同じ?   ....More
本格焼酎ができるまで
酵母菌の働き 麹をつくる 古酒(クース)を造ろう! 原酒・無ろ過・初留取り 本格芋焼酎ができるまで   ....More
芋焼酎
芋焼酎の発展 芋焼酎の違い 芋焼酎の原料となる芋の種類 芋焼酎のおいしい飲み方 芋焼酎と相性の良い料理   ....More
米焼酎
米焼酎の歴史 米焼酎の味わい 米焼酎と合う料理   ....More
麦焼酎
麦焼酎大ヒットの歴史 麦焼酎の味わい 異色の麦焼酎「壱岐焼酎」 麦焼酎と合う料理   ....More
黒糖焼酎
黒糖焼酎について 黒糖焼酎と合う料理   ....More
泡盛
泡盛の歴史と製造方法 泡盛の全麹仕込み 泡盛の全麹仕込み 泡盛の古酒(クース) 泡盛の熟成   ....More
本格焼酎図鑑
芋焼酎図鑑 米焼酎図鑑 麦焼酎図鑑 鹿児島黒糖焼酎図鑑 泡盛図鑑   ....More
幻のプレミア本格焼酎
プレミア級、幻の本格焼酎が生まれる理由   ....More
焼酎単語集
本格焼酎用語集 杜氏とは   ....More
リンク集
相互リンク募集中 焼酎関連リンク集 お酒関連お役立ちリンク集 美容・健康お役立ちリンク集 アルコールに関するリンク集   ....More
極私的焼酎日記
マイフェイバリット焼酎をゲット!   ....More
【情報】